Step By Work

大阪のホームページ制作会社

WordPress用レンタルサーバーを過去の炎上などを元に会社の印象で比較!

Date: 2024.01.19
Update: 2024.02.01

執筆・監修

上杉 洋 Hiroshi Uesugi

1991年生まれ。 株式会社ステップバイワーク代表。 2013年に株式会社n.uを設立。 2015年にStep by workとして独立。 2021年株式会社ステップバイワークとして法人化。 HP制作/SEO対策/コンテンツ制作/動画制作/YouTube運用/写真撮/WordPressを全て一人でやります。

WordPressサーバーの人気シェアランキングトップ10が公開されたいたのでそれぞれのレンタルサーバーの印象をこれまでの会社の歴史や考え方にフォーカスして語ります

スペックや機能、価格での比較だけでなく、今後何年も使っていくサーバーだからこそ各レンタルサーバーのイメージも重要視してみてはいかがでしょうか?

WordPressサーバーシェアランキング

MANUONが公開していたWordPressシェアランキングは以下です

  1. エックスサーバー
  2. さくらインターネット
  3. ロリポップ
  4. Conoha WING
  5. お名前.comレンタル
  6. ヘテムル
  7. mixhost
  8. wpX/シンレンタルサーバー
  9. AWS
  10. Cloudflare
引用

トップテンにランクインしているレンタルサーバーを上杉が個人的な印象でランキングをつけてみました

上杉が思う良いレンタルサーバーランキング

ランク外

  • ロリポップ!
  • Conoha WING
  • お名前.comレンタル
  • ヘテムル

これらは全てGMOが親会社のレンタルサーバーです

上杉

GMOは印象が悪すぎる、、、

GMOといえば強気なSEO営業電話などで悪いイメージが強すぎるためGMO関連のサーバーは基本的には使いたくありませんw

ちなみに他にも悪評がいくつかあります

例えばお名前.comは空いているはずもないドメインを取得できるようにみせて次の画面に進むと3,200万円とかいう値段が表示されたりしていたようです

あとは最近リリースされたAIでブログ記事を生成するというサービスも、正直検索エンジンの邪魔になるだけなのでいらない機能を増やさないでほしいです

https://www.onamae.com/server/rs/generator/

その他にもロリポップ!では過去にとあるユーザーがロリポップで契約しているサーバーが改ざんされたとTwitterで呟いたところ、GMOの社長から「風説の流布になりますよ。事実を確認してからツィートしてください。そのような事実はありません」といった強気なリプライが返ってきて炎上したことがあります

結果としてロリポップ!側に落ち度があったため、結果として社長の印象を落とすことになりました

ロリポップへの攻撃とサイトの改ざんは8月28日深夜に発覚し、Twitterユーザーの「@Isseki3」さんが指摘。これに対し熊谷社長は「風説の流布になりますよ。事実を確認してからツィートしてください。そのような事実はありません」と返信していた。

引用

個人的にはロリポップのログイン画面のUIが苦手で、トップレベルドメインをセレクトボックスから選択しなければいけないのがめんどくさいと思っています

上杉

メールアドレスでログインできるようにしてくれ

その他ヘテムルやConoha WINGについては使用したことがないですが、Conoha WINGはWordPressの速度ランキングでも上位なので悪くはないのかもしれません

でもGMOなので使うことはないでしょう

例外

CloudflareとAWSについては今回のレンタルサーバーの中ではどちらかといえば大規模向けなイメージがあるので上杉のランキングからは除外します

3位:さくらインターネット

さくらインターネットは比較的料金が安いので名刺代わりにホームページを持ちたい人とかが使っているイメージです

弊社のお客様でもクリニック系の方などはさくらインターネットを使っているイメージがあります

さくらインターネットは昔はWordPressがめちゃくちゃ遅かったので正直そこであまり良いイメージがありません

ただ、最近はちょっとマシになってきたかな?

あとはさくらインターネットも昔Twitterで下記のような炎上をしたことがありました

投稿によれば、今から2年ほど前、さくらインターネットから「データセンター内のサーバの場所を移動したい」という申し出があった。「ハードウェアの変更は行わず、今まで通りの動作が保証される」といった内容で、スケジュールや作業分担の打ち合わせを経て作業が行われたという。しかし、直後からサーバに接続できなくなるなどのトラブルが発生し、その後も不誠実な対応を受けたとして、担当者とのやりとりを時系列で書き込んでいた。

引用

こういった理由から今まではあまり良い印象がなかったのですが最近は良いニュースもいくつか見られます

一つは特務機関NERV防災アプリへのサポートです

このアカウントは東日本大震災をきっかけに震災関連の情報発信をするTwitterアカウントとして登場しました

ただ個人が運営しているアプリだったので運用に不安が残っていたところに、さくらインターネットがサポートするようになったことで今では最も地震通知が早いアプリにもなっているようです

https://note.com/kunihirotanaka/n/n9088ede95f09

2つ目はさくらインターネットが日本企業としてはじめて政府クラウドの事業者に選ばれたということです

これまでは技術的な要件を満たしていた会社がアマゾン、グーグル、マイクロソフト(MS)、オラクルの米IT大手4社のみでしたが、さくらインターネットが選ばれたことで行政機関の手続きのクラウド化がさらに進むことが期待できます

これらのようにGMOとは違い(笑)日本のITを盛り上げる会社としての活動も多くしているので昔と比べるとかなり良いイメージを持っています

同率2位:mixhost(※追記:ランク外に追放しました)

mixhostは使ったことは無いですがWordPressのスピードランキングでもかなり上位なので使ってみたいなとは思っています

ただmixhost自体2016年に開始したサーバーなので、これから何年も使っていくとなるとサーバーが残り続けるか不安な部分もあるので仕事においてはまだ選択し辛いかなという印象です

mixhostは他のサーバーからシェアを奪う立場であるために、コスト度外視でパフォーマンスを引き出している可能性もあるので、シェアが安定してきたところで改悪されるのではないかという不安もありますね

以下2024年1月23日に追記です

YouTubeにて以下のようなコメントをいただきました

あのー…Mix hostの料金ページみました…???
「無制限のストレージ容量」って書いてあるんですよ。でも、そこにカーソルを合わせると「公正使用ポリシーに準拠する必要があります」って書かれてるんです。どういうことかと思ってそのページを見てみると、ストレージ制限があるんです!!!!
具体的には、スタンダード20GB、プレミアム50GB、ビジネス100GBです。
99%のユーザーにとって使用量の平均は5GBだから、実質的に無制限ということらしいです。
しかも、転送量も無制限を謳っておきながら、スタンダードは50GB/月、プレミアムは200GB/月、ビジネスは800GB/月ですよ。おかしくないですか??

料金ページを見たことがなかったので知らなかったのですがこれはひどいですねw

ストレージ容量はまだ許容範囲だとしても転送量が50GB/月はさすがに厳しいです

1ページあたり3MBで計算しても月間3万PVで90GBは必要ですからね、、、

というか無制限をうたっておいて制限がある事自体論外ですね

上杉

やはり安くて早いサーバーなので何かしらリスクがありましたね

同率2位:wpX/シンレンタルサーバー

wpX/シンレンタルサーバーはエックスサーバー系列のサーバーです

エックスサーバーには

  • エックスサーバー
  • wpX SPEED
  • wpX/シンレンタルサーバー

があり正直わかりづらいのですが公式ホームページによると

「シン・レンタルサーバー」は安さと革新性、「エックスサーバー」は安定性に重点を置いたサービスです。

引用

とのことです

やはりKUSANAGIの技術が入っているなど気になる点も多いので使ってみたいと思っています

ただ、エックスサーバーが作った新しい会社が運営しているとのことなのでmixhostと同じく突然サービスが終了してしまったりする不安が残るので2位にしました

1位:エックスサーバー

やはり1位はエックスサーバーです

僕のまわりのエンジニアも結構好きな人が多いイメージです笑

僕がWeb制作を始めた10年ほど前から圧倒的にWordPressの表示速度が早かったのでそのころから良い印象しか有りません

そして他にもWeb制作をしている人に好かれる理由がいくつかあると思っていて1つ目はCocoonの開発者のわいひらさんと業務提携を結んだことです

Cocoonは最強の無料WordPressテーマだと思っているのですが、やはり個人開発という点でわいひらさん自信が自分になにか問題があった場合Cocoonを継続できなくなるかもしれないという不安が常にあったそうです

そこでエックスサーバーから打診で「Cocoonはこれまで通り気軽に使える無料テーマのままで」と伝えられたこともあり業務提携を決めたようです

また、KUSANAGIとの業務提携もユーザーがしてほしいことわかってるな~っていう印象です笑

KUSANAGIは僕自信もずっと興味があったのですが色々手間な部分もあったので踏み出せずにいましたのですがエックスサーバーのおかげでその悩みが解消されました

やはりエックスサーバーは今後もユーザーのことを考えてくれそうだなという安心感がありますね

サーバーは何年も使うものだからスペックだけではなくイメージも大事なのでやはりエックスサーバーが1位ですね

動画でも話しました

この記事へのコメント 0件